アイウルルの主な主成分「純粋生レチノール」とは?

アイウルル目元美容液については、様々な美容成分が含まれていますが、その中でも注目すべき成分に「純粋生レチノール」という成分があります。では、このアイウルルに含まれている純粋生レチノールという成分はどのような成分なのでしょうか?

 

これからアイウルルを購入しようとしている人は把握しておきたいですよね。ここでは、アイウルルに含まれている主成分である、純粋生レチノールという成分についてご紹介いたします。

 

【アイウルルの主成分純粋生レチノールとは?】
そもそも、レチノールとは何なのでしょうか?レチノールという言葉、美容液成分ではあまり聞かない言葉ですよね。このアイウルルに含まれているレチノールは、ビタミンAのことなのです。

 

では、ビタミンAにはどんな効果があるのかというと、線維芽細胞を活性化する働きがあります。線維芽細胞とは、コラーゲンやエラスチンを構成しているものです。

 

〇純粋生レチノールの効果とは?
この純粋生レチノールの効果には、シワを改善する効果があります。確かに、コラーゲンなどを構成している組織を再生してくれる効果があるということなので、ハリアップには効果が高いのですね。

 

〇副作用はない?
では、この純粋生レチノールには副作用はないのかというと、基本的には問題なく使うことが出来ます。しかし、もしもレチノールが配合されてた商品を使用した時に肌が赤く炎症した経験があったり、ヒリヒリしてしまった時には、こちらのクリームでも炎症が起こる可能性がありますので気をつけましょう。

 

【アイウルルのもう一つのおすすめ成分】
アイウルルには、純粋生レチノールの成分以外にももう1つ、注目してほしい成分があります。それは、ビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを肌の奥に誘導しやすいように作られている成分です。

 

そのため、ビタミンC誘導体が入ることで、目元のクマを取り除くサポートをしてくれるのです。

 

このビタミンC誘導体についても、基本的には副作用なく使うことが出来ますが、ビタミンCを肌に付けた時に肌がピリピリとしてしまう方は、アイウルルの使用も控えることをおすすめします。

 

以上が、アイウルルの主な主成分になります。

 

【アイウルルの成分についてのまとめ】
ここでは、アイウルルの主な主成分についてご紹介いたしました。アイウルルの主成分には、「純粋生レチノール」と「ビタミンC誘導体」が配合されていました。

 

純粋生レチノールには、線維芽細胞を活性化させる働きがありますので、目元のシワを下院前してくれる効果がありました。また、ビタミンC誘導体については、美白効果のあるビタミンCを肌の中へと入りやすくしてくれる効果があるので、目元のクマをすっきりとさせてくれる効果があることが分かりました。

 

この2つの成分については、基本的には副作用なく使えますが、以前に同じ成分を使った経験がある人で、肌に炎症が起こった場合がある人は、使用を控えることをおすすめします。

 

>>アイウルル目元美容液の詳細はこちら