アイウルルの効果的な使い方を2つご紹介!

アイウルルを塗る時には、目元のシワに早く効果が出るように効果的な使い方をすることが大切です。では、アイウルルの効果的な使い方ってどんな方法なのでしょうか?

 

アイウルルの効果的な使い方って、範囲が狭いだけによく分かりませんよね。ここでは、アイウルル目元美容液についての効果的な使い方ご紹介いたします。

 

【アイウルルの効果的な使い方について】
アイウルルの効果的な使い方には2つの方法があります。2つの方法とは、どのような方法なのでしょうか?早速見ていきたいと思います!

 

〇マッサージをする
せっかくアイウルルを付けるのですから、しっかりと角質層まで栄養分が浸透しないと効果も普通の効果しかありませんよね。では、どうやったら角質層に入りやすくなるのかというと、アイウルルを付けながら目の周りをマッサージすることです。

 

目の周りをマッサージすることで、目元の血行が改善されてアイウルルの栄養分が浸透しやすくなります。

 

〇下から上へとゆっくり付ける
目の周りに付ける時には、下から上へとゆっくりと付けてみましょう。これにはリフトアップ効果があります。アイウルルには、たるみ改善効果もありますので、たるみ改善効果のある成分との相乗効果でより目元をぱっちりと見せることが出来ます。

 

以上が、アイウルルの効果的な使い方になります。

 

【大量に付けることはNG!】
アイウルルの効果的な使い方として、沢山目元にアイウルルを付けることが効果的な使い方だと思う人もいるかもしれませんが、大量に付けることが効果的な使い方にはなりません。

 

沢山付けても、目元に入って行く量は変わりませんので、勿体ないだけです。アイウルルについては、小豆大くらいの量を手に取って付けるようにしましょう。

 

ポイントは、アイウルルを大量に付けることではなく、成分を手で包み込んで浸透させることです。そのためには、手を温めておくと早く浸透しますよ!

 

【普通のアイウルルの使い方】
最後に、アイウルルの普通の使い方をおさらいしておきましょう。まずは、目元周辺にアイウルルを点々と置きましょう。そして、目を瞑ってこめかみにむかって伸ばしていきます。最後に目の周りを包み込むようにアイウルルの栄養分を浸透させます。以上です。

 

【アイウルルの効果的な使い方に関するまとめ】
ここでは、アイウルルの効果的な使い方についてご紹介しました。アイウルルの効果的な使い方については2つの方法がありました。2つの方法とは、「マッサージをしながらアイウルルを使う」ということと「下から上へとゆっくりと付ける」ことが効果的な方法でした。

 

マッサージをしながらアイウルルを付けることで、よりアイウルルの栄養分が肌へ浸透するようになります。また、下から上へと付けることで、アイウルルのリフトアップ効果が増します。

 

しかし、大量に付けることは効果的な使い方ではありませんでしたので、使用する時には小豆大くらいの量にしておくようにしましょう。

 

>>アイウルル目元美容液の詳細はこちら